液晶保護フィルム開発試験

Mr.PLUS 液晶保護フィルムは各PNDメーカーの機種により異なる素材のフィルムを採用・商品化しています。
(PND=ポータブルナビゲーションデバイスの略です。)
保護フィルムを貼った際の使用感を確認をするため、走行中の視認性に影響する「輝度・反射率を確認するテスト」を行い、モニターの輝度に適した透過率のフィルムを用いて「透過・明るさの確認テスト」を行います。そしてタッチパネルの操作が正しく認識しするかを確認する「加圧テスト」を行い、その機種の特性を考えた複数のフィルム素材の中から適した物を採用しています。
PNDやナビゲーションに使用するモニターなどは、PC等にモニターに比べ制約の大きい使用条件になります。このため製品にするために実際のPND各商品を入手しモニターの性能を事前に測定し、個々のデータに照らし合わせて最も適したフィルム素材の一次サンプルを作成し装着テストを行います。
この際、タッチパネルの操作性確認と実装着による再テスト行い全てが規格水準を満たした上で製品化となります。

反射・光沢に関する試験
モニターの反射率を測定しPNDモニターの性能を確認します。走行時センターコンソール付近などで「やや上向きなどに装着」された場合など、モニターの乱反射で視認性が落ちる場合があります。この様な悪条件下でも可能な限り視認性の維持をするために光沢度のテストを行います。

透過・明るさに関する試験
使用するPNDのモニターの実際の明るさを測定まします。一部の欧州製高級車などに採用されるモニターのように昼間時の使用する際、陽の当たる条件下でも見える位の明るさを維持したモニターであれば問題ありませんが、ほとんどの場合、陽の当たる条件下などでは視認性が極端に落ちてしまいます。このためモニターごとにフィルムの特性(透過性や反射率)が最も適した素材を選択しテストを行います。